発毛専門クリニック 表参道スキンクリニック 福岡院 ホーム > 男性型脱毛症治療薬『ザガーロ』について

男性型脱毛症治療薬『ザガーロ』について

ザガーロについて

ザガーロ(一般名:デュタステリド)は、厚生労働省承認日 2015年9月28日にグラクソ・スミスクライン株式会社が、男性における男性型脱毛症(AGA)として承認を得た新薬です。
2016年6月より日本国内でも販売開始されています。これまでのAGA治療の内服薬といえば、フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルがよく知られていました。
今後はそれらAGA薬に加え、ザガーロ(デュタステリド)も広く知られるようになるかもしれません。

ザガーロ(デュタステリド)の成分は前立腺肥大に適応があり、その後、男性型脱毛症(AGA)にも効能があることが分かり、日本国内でもAGA新薬としての処方が可能になりました。
ザガーロは2種類、「ザガーロカプセル0.1mg(画像上)」と、「ザガーロカプセル0.5mg(画像下)」があります。

ザガーロカプセル0.1mg / 0.5mg

ザガーロの効果について

プロペシアとの比較

ザガーロは脱毛部位に、太く長い毛の本数が増える効果があり、国内外の臨床試験でも結果が認められています。20歳~50歳のAGA男性を対象とした臨床試験では、頭頂部における非軟毛の毛髪数増加が認められました。

AGA治療薬の臨床試験では、確実に数えられる毛髪(非軟毛)が増えることを「発毛」と定義付けています。また「毛の太さ」にも良い変化が報告されており、頭頂部・前頭部いずれにもAGAの改善が確認されています。

頭頂部・前頭部

ザガーロに添付されている文書には“基本0.1mgを投与、必要に応じ0.5mgを投与する”と明示されていますが、0.1mgと0.5mgとの間に副作用の差がないことが分かっています。0.5mgの方が効果に優位性があり、また0.1mgと0.5mgの薬量によるリスク差がないことから、0.5mgの処方が主流になる可能性が大きいといえます。

ザガーロの服用・飲み方について

  • 1日1回、お水での経口投与(0.1mg・0.5mgともに)
  • 口腔内咽頭粘膜を刺激することがあるので、カプセルは噛まずに飲み込む
  • 食前食後などは問わないので、服用を忘れず習慣化できる時間帯・機会での服用がおすすめ

ザガーロカプセル0.1mg / 0.5mg

ザガーロ服用の注意点について

  1. 前立腺ガンの検査でPSA値(前立腺特異抗原)を測定する方は、ザガーロ(デュタステリド)を服用している旨報告してください。
    ※ザガーロにはPSA値を下げる性質があり、検査結果が正確に出ない恐れがあるためです。
  2. ザガーロは経皮吸収(皮膚からの吸収)されます。カプセル・錠剤の状態では問題ありませんが、中身が漏れ出た場合は女性・子どもに触れないよう注意してください。 万が一触れた場合は、すぐに石けんと水で洗い流しましょう。
  3. ザガーロは「男性の男性型脱毛症(AGA)」に適応があります。円形脱毛症や、びまん性脱毛、抗がん剤による脱毛に効果は認められておりません。
  4. ザガーロ服用中の方は輸血ができません。献血や輸血をする場合はザガーロの服用中止から、少なくとも1か月間以上は間隔をあけてください。

ザガーロ服用対象外の方について

  • プロペシア同様に、女性は対象外
  • 未成年や子どもは対象外
    ※医療機関でザガーロを処方される対象は「男性型脱毛症(AGA)である20歳以上の男性」に限ります。
  • 肝機能に重度の障害がある方は対象外
    ※ザガーロは肝臓で代謝されるため、血中濃度上昇の恐れがあります。軽度の障害の場合は、かかりつけの医師に判断を仰いでください。

上記条件を満たさない方に対する、安全性や有効性は認められておりませんのでご注意ください。

ザガーロの主な副作用について

主には性に関する変化、勃起不全・性欲の減退・精液量の減少などが起こる場合があります。
また体型の変化として、乳房の女性化、乳頭痛、乳房痛、乳房の不快感などが現れる場合があります。
処方されたザガーロは、医師の指示に従い、用法・用量を正しく守って服用するようにしてください。

ザガーロに関するよくある質問

  • どれくらいの期間、服用すればよいでしょうか?

    通常、ザガーロ投与を始めてから効果が見られるまでに半年間ほど必要です。
    もし半年間のザガーロ服用を続けても改善が確認できない場合、投与は医師の判断のもと中止します。引き続き服用する場合は、医師に確認しながら「続けるか否か」の検討をする必要があります。
    効果の現れには個人差があり、3ヶ月程で改善が認められたケースもあります。
  • 0.1mgではなく、0.5mgから開始することはできますか?

    可能です。
    ザガーロ0.1mgという用量は、男性の男性型脱毛症(AGA)治療における最小有効量とされています。薄毛・脱毛症以外に、身体に異常が見られない健康な20歳以上の男性が服用する際の、前立腺への影響などを考慮した最小有効量0.1mgが標準用量です。
    前述のとおり、0.1mgと0.5mgとの間に副作用の差がないことが分かっているので、選択肢として効果に優位性がある0.5mgの服用からの開始はあります。
  • ザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)。
    どちらの発毛効果が高いですか?

    男性の男性型脱毛症(AGA)を対象に、ザガーロの有効性とプロペシアで比較した日本人症例を含む国際共同第Ⅱ/Ⅲ相試験では、主要項目である24週時の毛髪数の増加量において、

    • ザガーロ0.1mg及び0.5mgのフィナステリド1.0mgに対する非劣性
    • ザガーロ0.5mgのフィナステリド1.0mgに対する優越性

    が示されています。
    およそザガーロ0.1mgとフィナステリド1.0mgがほぼ同等の発毛効果です。
    つまりザガーロ0.5mgとフィナステリド1.0mgでは、統計学的にザガーロが発毛・育毛効果が高いことが明らかです。

無料カウンセリング0円

お電話でのご予約・相談

お電話は0120-931-911まで

メールでの無料カウンセリング予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 女性向け発毛治療
  • 男性型脱毛症治療薬『ザガーロ』について
  • 発毛プログラムヘアジニアス
  • 薄毛の原因とメカニズム
  • 発毛成功・症例
  • Q&A

スカルプケアシャンプーVITALISM

copyright 表参道スキンクリニック 福岡院

薄毛の悩みなど、まずは無料カウンセリングをお申し込みください!

お電話は0120-931-911まで

メールでお申し込みの方はコチラ